スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | C(0) | T(0) |
  main  R40系のコンピレーション >>
能登はやさしい土までも(1) 百楽荘
百楽荘の客室から撮影した九十九湾石川県能登町九十九湾にある観光ホテル、百楽荘さんからDMが届いた。全館リニューアルオープンのお知らせと、記念の「ご優待特典」付きだ。百楽荘さんには仕事で夏に、プライベートで冬に泊まっている。海岸線の長い静岡に住む私にとって、海は珍しいものではないけれど、ここ九十九湾周辺の海には驚きました。海面と海沿いの道路との高低差がほんの少ししかない。目線と海面がすごく近いせいか、独特の景観と雰囲気を作っている。

百楽荘さんは、食事がすごく美味しい!牡蠣や蟹といった高級食材はもちろん、もずく、炭火で焼いた鰯の一夜干しといった親しみのある食材まで、とにかく全てが旨い。朝食から3杯飯は確実です。
また、女将さんの優しいお人柄がとてもいい。これを書く前に「じゃらん」の百楽荘のクチコミ評価を読んでいたら、「女将さんの対応は120%すばらしい。」という記述があった。同感である。「能登はやさしい土までも」という有名な言葉とおりの優しい方だ。またお会いしたいなぁ。今年のお正月のテレビ番組で取材を受けていらして、とても懐かしかった。お元気そうでなによりです。

この写真は、朝7時に百楽荘の客室ベランダから撮影したもの。雪は激しく降っていますが、水面は鏡のように周囲を映している。九十九湾は台風であっても波が穏やかな、不思議な海なのです。

さて、能登町といえば、能登杜氏四天王のひとりである、波瀬正吉氏のお名前がすぐ頭に浮かぶ。波瀬杜氏のお話は、またの機会に。
| 土地や人 | 12:42 | C(0) | T(0) |
スポンサーサイト
| - | 12:42 | C(0) | T(0) |
Comment








Trackback

Calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

Entry

Comment

Archives

Category

Link