スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | C(0) | T(0) |
<< 今、鷹匠で日本酒の会を開きたいと、考え中なのです (1)  main  今、鷹匠で日本酒の会を開きたいと、考え中なのです (2) >>
岡崎市で「美味しい!」と、幸運な出会いがありました!
仕事で愛知県岡崎市に行ってきました。むかーし、岡崎城に遊びに行った以来。20何年ぶりの訪問です。

岡崎市といえば、「八丁味噌」ですよね。そんな訳で、お昼は「味噌煮込みうどん」を必ず押さえねばなりません^^

こちらのお店は、大正庵釜春本店(たいしょうあん かまはる ほんてん)さん。

きっと、先ず間違いなく、岡崎市で一番有名なうどん屋さんだと思います。

というのも、ここ、大正庵釜春本店さんは、「釜揚げうどん」発祥の店。元祖なのです!
もちろん、「味噌煮込みうどん」だって有名なのですよ^^

ところで皆さん、釜揚げうどんって食べたことあります? 実は私、釜揚げうどんを食べるのって初めてだったのです。

なので、注文したうどんを待つ間、周囲のテーブルを観察。「釜に入ったうどん。どうやって食べるんだろう??」って思ったのです。

観察した結果、ツユを入れたお椀を釜の脇に持っていって、釜の縁伝いに適量のうどんをお椀に移す。

ただ、うどんはすごーく長いので、お椀に入りきらない分のうどんが、釜のお湯の中につづいている。

そこで、釜の縁に掛かっているうどんを、お箸で器用に切る。すると、切られたうどんは、自分の重みでお湯の中にツルンと戻る。

「ふむふむ、なるほどね。」と思い、早速真似てみるが、なかなかスムーズにいかない。慣れるまでちょっともたついてしまった^^;

お味はとっても良かったです。次にまた岡崎に来たら、必ずここに寄ります。ツユの出汁がすごくよかったなぁ〜。うどんもね、讃岐系とは違う、ほどのよいコシとでも言えばいいのかな。私はこのくらいのコシの方が好き。

それにね、上の写真を見てもらいたいのですが、ツユの入った徳利が二つもついているでしょ。多分、うどんを大盛り(210円増し)にしたから、2本付けてくれているのでしょうけど、こういう潔さっていいなぁ。そうそう、刻みネギも別容器でドーンと付けてくれます。もう本当に気に入りました!

食後、岡崎城のお土産物やさんで、「八丁味噌の蔵を見学できるんですよ」と教えていただいたので、我ながらどうかとは思ったのですが、株式会社まるや八丁味噌さんをいきなり訪ねました。アポイントなしです。失礼ですよね。すみません・・・

来意を告げると、本当に偶然いらした浅井信太郎社長とお会いし、お話をお聞きすることができました。

「いつも忙しく飛び回っていて、会社にいるのは珍しいんですよ」。と社員さんがそっと教えてくれたほどですから、望外と言っていい幸運でしょう。

自分でいうのもなんですが、私には不思議とこういう運の良さがあるんです^^

実際、浅井社長は数日後にはニューヨークに出発して、そのままヨーロッパを回ってくるとの事でした。

お話していると、商売に対する独自の信念、いや、覚悟って言った方いいかもしれません。そして、670年以上続く企業の社長としての哲学が伝わってきます。

向かい合ってお話を伺っていると、ぐいぐいと圧するようなパワーではなく、粘り強い三河武士の性根が、ひたひたと迫ってくるような印象を受けました。

実際、670年以上も同じ場所で、一度も引っ越すことなく商売を続けている。これはすごい事です。味噌造りだけに限っても、400年近く経っている。

この味噌桶の上に積み上げる石にしても、職人として一人前になるまでには二、三十年かかるそうです。

そして、桶の中の味噌が製品として出荷されるまでには、二度の夏と、二度の冬を越さなければなりません。

八丁味噌造りは、世の動きにせわしなく左右されるような考え方では、とても続けられない商売です。性根を据えて、世の動きを短期ではなく長期で見つめる。歴史は繰り返すという教訓を決して忘れない・・・そう考え、商売をしなければなりません。

目まぐるしく盛衰が入れ替わる今の時代、これは物凄く勇気のいる経営の仕方だと思いました。
まだまだよいお話をうかがいましたので、また機会があれば書いてみたいと思います。
今回はここまでで。
| 土地や人 | 08:50 | C(2) | T(0) |
スポンサーサイト
| - | 08:50 | C(0) | T(0) |
Comment
あれ?
岡崎土産が届かないけど。。。(笑

八丁味噌ですか。400年そのお味噌が続いてるってことは、400年そのお味噌を使ってる人がいるってことですねぇ。
Posted by: KITA |at: 2011.02.04 3:35 PM
ああ!ごめんよ・・・お土産ないです^^;;;
自分へのご褒美用には、レトルトの「八丁味噌カレー」「どてたま 豚もつ味噌煮込み」など、
ご飯に合いそうなものばかり購入してしまいましたー!

そうなのよ、変わらない、変えない覚悟ってあるんだよね。
そして、それはずっと選び続けてくれるユーザーがいるってことで、
そのことは、社長もおっしゃっていました。
Posted by: koyahi |at: 2011.02.04 5:04 PM








Trackback

Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

Entry

Comment

Archives

Category

Link