スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | C(0) | T(0) |
<< 鷹匠SAKEの会についてのお知らせ  main  「鷹匠SAKEの会」のお酒のご案内・・・誉富士以外のお酒 >>
川根本町千頭の「田舎家」さんで贅沢に川魚三昧しました。
この日は朝から川根本町の千頭で会合でした。丁度昼前に会合が終わったので、楽しみにしていた「田舎家」さんに向う。

月曜日だからお休みかな・・・と心配でしたが、やっていてくれました!

今回も囲炉裏の部屋に通していただきましたよ。

川魚の塩焼きが食べたかったので、「やまめ塩焼き定食(1890円)」を注文。

料理が出来るまで囲炉裏にあたりながらのんびりです。

じゃん!、これが「やまめ塩焼き定食」です。

通常、お昼に1890円は贅沢すぎですが、「せっかく千頭まで来たのだから、これを食べたい!」って、思ってしまうのです。

更に女将さんが、「お客さん、岩魚の朴葉焼きも食べられる?」って聞くので、

「もちろん大丈夫です」と答えると、右の岩魚の朴葉焼きを出してくれました。(写真右)

「わぁ、嬉しいけど、いいんですか。なんでです?」って聞くと、生簀(いけす)からヤマメをすくったら、なぜか岩魚も網に入ってきたそうです。

普段、網に2匹入ることも稀だし、まして、ヤマメと岩魚が同じ網に入るなんてこともないそうです。なので、「この2匹は仲良しの対なのかもしれない・・・」となんとなく思い、一緒に料理してあげることにしたそうです。

「それにお客さん沢山食べるし、魚が好きだから、食べられると思って(笑」

もちろんです。食べられますとも! 私、頭以外は尻尾も骨も残しません。丸ごといただきますからね^^

朴葉焼きはお腹に金山時味噌が詰められているんですね。ご飯が進んじゃうなぁ。ちなみに、ご飯は麦ご飯なんですよ。

セットの山菜蕎麦です。この蕎麦はね、田舎の親戚のおばさんが打ってくれたような、懐かしい蕎麦なんですよ。

通常、定食のお蕎麦はこの半分の量ですが、今日も一人前分の蕎麦を入れてくれたみたい。ありがとうございます!

ペロリと岩魚を平らげたので、次は山女の塩焼きです。かなり大きいですね〜、太ってます。美味そうです。

しかし、料理はこれだけではないのです。

田舎コンニャクの田楽にカボチャの煮物。ゴマ豆腐、まだまだあります。

漬物を入れると、全部で8つの鉢などが付きますからね。本来ならお酒の一杯もつけたいところです ^^

まあ、ともかく冷めないうちに山女の塩焼きをいただくことに。

田舎家さんの塩焼きは本当にいい具合に焼けているんです。背側からガブリといきました。ああ、実に美味い!身の水分量がね、なんとも絶妙なんだなぁ〜

満腹、満足してお勘定を済ませ駐車場に行くと、女将さんと、所ジョージさんに「太りすぎ!」と笑われたワンコがお見送りしてくれました。モフモフで、かわいい。すごく大人しいのです。

また来ますからね。
バイバイ ^^

→ お店のご案内はコチラ。

 
| 島田・川根本町のお店 | 08:50 | C(4) | T(0) |
スポンサーサイト
| - | 08:50 | C(0) | T(0) |
Comment
わぁ〜!!味のあるお店ですね!!田舎のおばあちゃんのお家に招かれたような♪

私も行ってみたくなりました!!
Posted by: まゆみん |at: 2011.02.23 1:59 PM
岩魚もやまめも、もう何年も食べてません、めちゃ美味しそう!更に囲炉裏で焼いて食べると格別でしょうね〜今の時代、こういうお料理がかえって贅沢ですよね!
Posted by: 豆あん |at: 2011.02.24 10:01 AM
まゆみんさん

いいお店なんですよ〜。女将さんも親方も優しい人で。千頭方面に行くと、ついつい行きたくなっちゃいます。
できれば空いている今の時期や、お客さんの少ない平日がお薦めです ^^
Posted by: koyahi |at: 2011.02.24 1:19 PM
豆あんさん

川魚の淡白な味わいも、野趣があっていいですよね。この良さって、若い頃より、今の方がよく分かる気がします。
次回は雨の、梅雨の頃にいってみようかなぁ。雨の中の佇まいも、縁側からの風景もいいだろうなぁ〜
Posted by: koyahi |at: 2011.02.24 1:27 PM








Trackback

Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>

Entry

Comment

Archives

Category

Link