スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | C(0) | T(0) |
<< 最近のお気に入り! パンのふりかけ「デュカ」。お薦めです。  main  伝馬町通りのパティーナで久しぶりにランチしました。 >>
安倍奥・有東木の「うつろぎ」。ぜひ一度訪れてみてください。
静岡駅からひたすら梅ヶ島街道を北上して、約1時間くらいでしょうか。
安倍川沿いの「渡(ど)」という集落に入りしばらく走ると、有東木(うとうぎ)への
案内が出ています。そこから安倍川沿いのルートから別れ、山の中を3キロほど走ると、
有東木に到着。下の写真の「うつろぎ」が、有東木の集落の玄関口にあたります。



「うつろぎ」は週末ともなると、なかなかの賑わいです。広い駐車場はないのですが、
混み合う時は駐車場の案内の方が出てくれていますのでそんなに苦労はしません。



有東木のそこかしこに、わさび田が整備されています。上の写真は、駐車場のすぐ脇です。
斜面に形成された集落ですので、土地の有効利用はかなり工夫されています。
見学できるわさび田も用意されていますから、間近でわさびの様子を見る事ができます。



有東木は、わさび栽培発祥の地ということで、記念碑も建っています。静岡市民でも、
ここが山葵栽培の発祥の地って知らない人が多いのではないでしょうか。



「うつろぎ」は「有東木」という地名の元となった言葉で。昔々、山の中で仕事をして
いた人が、木の穴(うつろ)で一夜を明かしたことから、その場所を「うつろぎ」と呼び、
それが長い年月の中で「うとうぎ」に変化したんだとか。まあ、諸説あるようですが。



「うつろぎ」でぜひお薦めしたいのが、「わさび漬けの体験」と「蕎麦打ち体験」です。
体験は一人から受け付けてくれますので、できれば一週間前くらいに予約してください。
上の写真はわさび漬け体験を撮影させていただいたものですが、なかなか楽しそうです。



スーパーで売っているわさび漬けなんかは、わさびの茎より酒粕の方が多いくらいですが、
体験で作るわさび漬けは、わさびがギッシリ!冷蔵庫で一晩寝かすと辛くなるそうです。
慣れれば、自分好みのわさび漬けを作れるようになりますね。

わさび漬けの体験料は1000円。蕎麦打ち体験は2000円。いずれも要予約です。
多分ですが、混み合う連休中などは、体験は難しいかも。電話して確認してみて。
 → うつろぎホームページへ



蕎麦打ち体験教室をやっているくらいですから、もちろん、うつろぎでは手打ち蕎麦を
いただくことができます。写真は天せいろの大盛りです。値段は忘れちゃったのですが、
千円したかどうかくらいだったと思います。

観光シーズンなどの混んでいる日は、朝から夕方まで蕎麦を打ちっぱなしなんですって。



わさびはもちろん有東木の生です。辛さの中に甘さも感じる香りのよいわさびです。



天ぷらの大きな葉は、わさびの葉っぱです。しいたけやシシトウ、サツマイモなど。



「うつろぎ」のすぐ脇に川が流れています。風が涼しいのです。
左側、対岸の川川沿いには山葵田が整備されています。



「うつろぎ」店内の冷蔵庫です。わさび漬けを始め、わさびの茎の三杯酢漬けや
醤油漬け、山葵味噌、金山寺味噌などが売っています。もちろん生山葵も。

もう暑いですからね、有東木に行かれる方は、保冷材で冷やしたクーラーバッグを
持参なさるのをお薦めいたします。



白髭神社前の高台から撮影した有東木の集落の全景です。右下の、二棟の建物が連なって
いるようにみえているのが、「うつろぎ」です。

こうしてみると、ほとんどの土地が茶畑か山葵田になっていることが分かると思います。
有東木には様々な興味深いことがあるのです。そのお話はまたの機会に。






| ランチ(静岡県中部) | 15:30 | C(2) | T(0) |
スポンサーサイト
| - | 15:30 | C(0) | T(0) |
Comment
うつろぎ、いいですよね。
わさび飯もおいしい!
Posted by: よー介 |at: 2013.06.13 11:30 PM
うつろぎも有東木も、良かったです。すっかりお気に入りです。
海も好きなんですが、最近は山の中にばかり行ってます。
Posted by: koyahi |at: 2013.06.15 4:12 PM








Trackback

Calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

Entry

Comment

Archives

Category

Link