スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | C(0) | T(0) |
<< 「はだしのゲン」もいいけど、もっと本を読むように言った方がいいのでは?  main  鷹匠中央通り沿いの「魚弥長久」で金目の煮付けランチ。 >>
久しぶりに、購入済漫画の一部をご紹介。
私の漫画好き歴は筋金入りで、1970年から少年ジャンプを買い始めました。小1の頃です。しばらくして、「りぼん」や「マーガレット(別マ)」なども読み始めます。私の年代(1960年代生まれ)で、少女漫画もってのはちょっと珍しいかもしれません。

廃刊になった漫画誌では「冒険王(月刊)」はあまり読みませんでしたが、「少年ビックコミック(隔週刊)」は好きだったなあ。代表作は「みゆき(あだち充)」や「エリア88(新谷かおる)」など。無論、全巻揃ってます。また、藤子不二雄作品の世代的には「ドラえもん」よりも、「オバケのQ太郎」「パーマン」ですね。まあ、忘れられないのは、F作品ではなく、A作品の「魔太郎がくる!!」ですが。かなりエグかった ^^;;;

記憶は定かではありませんが、私が小学校1年当時、週刊漫画誌は60円〜80円だったと記憶しています。以来40年以上経過していますが、今も漫画が大好きです。


左から、「ワカコ酒(1) (新久千映・ゼノンコミックス)」・「海月と私(1) (麻生みこと・アフタヌーンKC)」・「病室で念仏を唱えないでください(1) (こやす珠世・ビッグコミックス)」・「RiN(1) (ハロルド作石・KCデラックス)」

「ワカコ酒」は“酒飲みの舌”を持って生まれた、呑兵衛女子の一人飲みのお話。主人公がウェットではなく、淡々飄々としていて良い。「海月と私」は「路地恋花(ろぉじこいばな)」に続く新作。3〜4巻くらいのボリュームの作品になるんじゃないかな。オッサン的にはそのくらいの分量の物語の方向性で行ってもらいたい。かなり良さげな予感。「病室で念仏〜」は、ちょっと好き嫌いが分かれるかもしれませんが、医者で僧侶という設定ですからかなりキャラは立つ。ドラマ化とかしやすいんじゃないかな。「Rin」は正直言って、面白いのかどうか判断できません。BECKの作者じゃなかったら2巻目購入はない・・・というか、だからこその展開というか、実績のある人にのみ許された特権かもしれません。とても新人には許されないっていう、導入の組み立てなんじゃないかな。



左から、「文豪ストレイドッグス(1)(春河35・朝霧カフカ・カドカワコミックス・エース)」「 空手小公子物語(2) (馬場康誌・ヤングマガジンコミックス)」「 亜人(2) (桜井画門・三浦追儺・アフタヌーンKC)」「十 忍法魔界転生(2) (せがわ まさき・山田 風太郎・ヤングマガジンコミックス)」

文学好きの方が「文豪ストレイドッグス」を期待して読むと、異様なガッカリ感に襲われるのでご注意。「単に登場人物の名前に文豪の名前を使っているだけなのね・・・」位の感覚で読まないと多分ダメです(w 太宰は自殺癖で、中島敦は虎って、「山月記」からなんでしょうけど、、、まあ、そういう読み方は止めましょう。漫画として楽しめませんから。「空手小公子物語」いいっすね。格闘物に相応しいヤバさが滲み出てますね。「亜人」にはリアルに痛みを感じさせられるような怖さがある。今後の展開は読めないけど、不死者に痛みと悲しみをどんどん積んだらどうなるんだろう・・・。「十 忍法魔界転生」はまだプロローグですね、ストーリーが走り出すのは4巻か5巻あたりからかな。でも退屈ではない。


左から、「竜の学校は山の上 九井諒子作品集(九井諒子・イースト・プレス)」「九井諒子作品集 竜のかわいい七つの子 (九井諒子・ビームコミックス)」「詠う!平安京(2) (真柴 真・Gファンタジーコミックス)」「たべるダケ (3)(高田サンコ・BIG SPIRITS COMICS SPECIAL)」

最近買った本ではないのですが、「竜のかわいい七つの子」がマンガ大賞2013の7位に選ばれましたので。こう言うのも変ですが、玄人好みの作家さんですよね。今年のマンガ大賞トップ10では、「海街diary」「乙嫁語り」「ボールルームへようこそ」「暗殺教室」「テラフォーマーズ」を揃えてます。今や、少年ジャンプは「暗殺教室」しか読む漫画がない。「詠う!平安京」は簡単に言ってしまうと、タイムスリップ×百人一首=歌合(和歌バトル)。平安時代、歌には現実に影響を及ぼす力があったと信じられていたそうですから、この作品の設定もあながち有り得なくもない。「たべるダケ」、7月からTVドラマ化されてるんですよね。あ〜あ、なんで静岡はテレビ東京が見られないんだろう。田舎だ・・・。







| 「本・マンガ・雑誌」関係 | 21:20 | C(2) | T(0) |
スポンサーサイト
| - | 21:20 | C(0) | T(0) |
Comment
私の最近のお気に入りは
鬼灯の冷徹です。
テルマエロマエ最終巻やっとみましたー!
うたう平安京、気になってたので読んでみます!
Posted by: エピス |at: 2013.08.24 1:48 PM
鬼灯さま、10巻出ましたね。ついつい買ってしまいます。
テルマエロマエのラストは予定調和的ではありますが、
みんなが納得できる気持ちの良い終わり方でした^^
詠う平安京、ぜひお試しを。オーバーアクションで面白い。
平安物の新しいパターンです。

Posted by: koyahi |at: 2013.08.25 1:13 AM








Trackback

Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

Entry

Comment

Archives

Category

Link