スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - | pookmark |
Entry: main  << >>
清水区由比、浜石岳麓「そば処 はまいし」の天もりでランチ。
お蕎麦にもいろいろありますが、私、田舎風と呼ばれる蕎麦も好きなのです。
洗練されてはいませんが、昔の常食的な味わいを年齢と共に好むようになってきました。
子供の頃はそばがきなんか、ちっとも美味しいと思いませんでしたもの。



上の写真は今日撮影した、奥藁科の大川地区の蕎麦畑です。9月1日に種蒔きしたのですが、
白い花が盛りのようです。蕎麦好きが高じて、『種まきから始める、こだわりの蕎麦打ち』
というイベントに参加しています。

蕎麦という作物は種蒔きから75日で収穫できる作物だそうで、米がずっと貴重だった頃は、
蕎麦は大切な作物だったでしょう。昔は自家で蕎麦を打つ農家は普通だったそうです。



浜石岳の野外センターへと向かう道の途中に建つ「そば処 はまいし」さんは、
そんな田舎風のお蕎麦を食べさせてくれるお店の一軒。とは言え、私の親戚の叔母が
打ってくれていた田舎蕎麦よりは、ずっとずっと洗練されています。田舎風です。



「そば処 はまいし」さんは石川農園という農家が経営されているお店です。
店内はいつもホコリ一つないほどお掃除が行き届いて気持ちいいのです。
こちらで私が注文するのはいつも、「天もりの大盛り(1100円」」と決まっています。



私は車なので飲めませんが、近隣のお酒が揃っています。由比の海岸近くの「正雪」、
由比入山地区の「英君」、入山から山を越えれば「富士錦」のある芝川です。
「臥龍梅」は由比からさった峠を越えた興津のお酒です。お値段も良心的と思います。



さあさあ、こちらが「はまいし」さんのお蕎麦です。スゴイ大盛りなんですよ〜^^
蕎麦としては手打ちの二八(小麦粉2割、蕎麦粉8割)です。

初めてこちらで食べた時、「ちょっと硬いかな・・・」って思ったけど、これだけの大盛り
なので、食べている内にちょうど良くなってくるんです。
それに、蕎麦自体がかなり太いので歯ごたえあり。香りも強いですし、力強いお蕎麦ですね。



天ぷらは桜えびのかき揚げ1枚に、農家さんが経営されているだけあって、季節の地の
お野菜の天ぷらです。この日はカボチャ、サツマイモ、シメジ、大葉、ナスなど。
一番手前は、へー、鎌倉野菜でよく登場する四角豆だ! まだまだ珍しいですよね。

衣が黄色く見えるのは、衣にウコンを混ぜているからだそうです。その所為なのか、
衣の食感はカリッと感が強い気がします。ウコンの香りは、そうですね、なんだろう???
とは思いましたが、正直、言われるまでウコン、ターメリックとは気付かなかったですね。
そんなに強い香りではありません。



昔の田舎蕎麦は蕎麦粉10割でしたから、もの凄い太打ちにボロボロと切れてしまう
ようなお蕎麦でした。小さな頃はそれがすごく苦手でしたが、最近は懐かしくって
すごく食べたくなりますので、そんなお蕎麦が食べられるお店を探しています。

「はまいし」の駐車場からは駿河湾と伊豆半島が見えて、お天気のいい日は気持ちいです。




| koyahi | 21:53 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | 21:53 | - | - | pookmark |
Comment








Trackback

Calendar

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

Sponsored Links

Profile

Search

Entry

Comment

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode