スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | C(0) | T(0) |
創作料理 「椿坂 久保田」 大人の隠れ家レストランですね!
「椿坂 久保田」は、住宅街に建つ一軒家を改装した創作料理のレストラン。看板も小さいから、よほど気をつけていないと、本当にそのまま通り過ぎてしまうほど。

那智黒(なちぐろ)を敷き詰めた玄関先と三和土(たたき)には、訪れる度いつも打ち水がされており、清清しさと共に、店の「もてなそう」という気持ちが伝わるようで嬉しい。店内も元の和風住宅を、無理に改装していないところがいい。隠れ家風、古民家風に改装された居酒屋などの店内は、もはや作為的過ぎて食傷気味。こういうところからも、お店の方のセンスの良さが分かる。

料理のジャンルは和風創作料理。シェフは、「ジャンルをたずねられた時は、和食の店と答えるようにしています(笑)」と話していたが、和の料理とフランス料理がクロスオーバーしている。例えば、この雲丹を使った一品。(雲丹は北海道のエゾバフンウニを、殻のまま仕入れているそうだ。)

ウニ半分に割った雲丹の殻にスクランブルエッグを詰め、蓋をするようにポワロネギを敷き、その上にソースアメリケーヌ、そして雲丹を盛るという手の込んだ料理。
雲丹は粒もキレイにたっているし苦味もない。そのまま食べても十分美味しい。半分ほど楽しんだ後、雲丹を殻の中のスクランブルエッグと混ぜ合わせ、スプーンですくって味わう。濃厚&クリーミーな食感に、ポワロネギのシャキシャキした歯ざわりが加わり面白い。

実は、最初はソースアメリケーヌの役割がよく分からなかったが、半熟の卵、ウニともに味の広がりはあるが芯の残る味ではない。そこに濃厚なソースをアクセントとして加えるのが狙いなのかもしれない。

コロッケこの丸い揚げ物は、クリームコロッケです。コースにコロッケが出てくるのもビックリでしたが、その内容を聞いてまたビックリ。なんと、ベシャメルソースで桜鯛の白子を包んで揚げてあるとのこと。しかも、白子はヅケにしておいてから、軽くあぶってあるという。これも手が込んでいる。
白子は下ごしらえの難しい食材として有名ですが、口いっぱいにはじけるような旨みとコクには、生臭さや嫌なクセもない。う〜ん、まさに口福という味わいです。

ステーキ左はメインの牛ランプのステーキ。肉の繊維がキレイに揃っているから、ナイフがスッと入る。
こってり好きの私は焼肉ならカルビ、ステーキならサーロインが一番好きである。でも、肉の旨味そのものを楽しみたいときは、ヒレかランプのステーキがいい。どちらかと言えば、ランプの方が好きかもしれない。
赤身肉であるランプは、柔らかくて且つ歯ごたえ、噛み応えがある。それは硬いのではなく、肉の繊維を噛み切る快感と言えばいいだろうか。最初は脂の甘み、その後に繊維からにじみ出る肉の旨味。ああ、肉を食べてるなぁという充実感。これはランプならではの楽しみですね♪

ソースは肉を焼くときに出た肉汁に醤油、味醂を加えたもの。この甘めのソースが、赤身肉にとても良く合う! すごく美味! 回りの赤い飾りは、生の紅大根を細かくみじん切りにしたもの。シャキシャキした歯ざわりが爽やか。

コースには他にも、フォアグラのソテー、蛍烏賊の冷製パスタ、生ハムのサラダなど、それぞれ印象的なお料理で楽しませていただきました。和食、フレンチ、イタリアンなどをクロスオーバーさせた創作料理。コースの組み立てなど、シェフの創意や意図を想像しながら楽しむのも一興。最近イチ押しのレストランです!

椿坂 久保田 (創作料理)

住所:静岡市駿河区聖一色487−2
電話:054(265)4886
時間:火曜日〜金曜日 17:00〜22:00
    土・日曜日 11:00〜15:00 17:00〜22:00
    ※ランチは土日のみ。夜も昼も予約したほうが安心ですよ。
定休:月曜日
駐車:あり
| 「食べる」関係 | 10:06 | C(4) | T(0) |
鮨処 陣太鼓さんに行ってきました♪ 静岡市葵区昭和町のお寿司屋さん
陣太鼓1昭和町のお寿司屋さん、「鮨処 陣太鼓」さんへ行ってきました。こちらの親方は、掛川の土井酒造場の土井社長とは親戚ですので、酒は開運がほとんど揃っています。

最初に出してくれたのは、イカの酢味噌かけ、アン肝、卵焼きの3種盛り。

一杯目の酒は、「波瀬正吉」を冷でいただきました。波瀬正吉は土井酒造場の杜氏のお名前。

陣太鼓2その年最高の出来の大吟醸に、杜氏の名前を冠し出荷される、鑑評会出品酒クラスの酒です。

静岡吟醸らしいひかえめで上品さのある、大人の美女のような酒です。角といったもののない練れた円い酒でありながら、果実のような爽やかさも失っていません。
まあ本当に、何杯でもスイスイ行けちゃう酒です。が、高価(1500円/杯)なので、おかわりはせず1杯でガマンしておく(笑)

陣太鼓3お刺身の盛り合わせと焼き物をお願いしてから、燗酒に切り替えました。

陣太鼓さんでは、燗酒は昔ながらの湯煎での温めです。こちらの燗酒は本当に美味しい! また、杯がいいのです。親方好みの誂品ですが、唇へのあたりがちょうどいい!

私は土もの以外の酒器は、厚さのうすーい陶器が好きなので、こちらの盃は好みにピッタリです。

刺身はマグロや今が旬の白魚、脂ののったイワシなど。焼き物は大きな“ホタテの殻焼き”。貝柱の歯ごたえが、むっちりとしていて美味。最後に、そろそろ満腹ではあったが、少し握ってもらいました。美味かった〜。

陣太鼓4
鮨処 陣太鼓

住所: 静岡県静岡市葵区昭和町5-9
電話: 054-253-3647
営業: 17時〜翌1時30分
定休: 日曜、祝日の月曜
| 「食べる」関係 | 16:53 | C(0) | T(0) |
評判の「はらドーナッツ」へ! なるほど、お母さんの味ですね。
はらドーナッツ1今日は寒いですねぇ。名古屋では雪が降っているとか。静岡市も11時頃から雨になりました。

小雨の中、なかなか行けずにいた、「はらドーナッツ」の静岡店に行ってきました。私の前に5人ほど、女性のお客さんが並んでいます。お店の造作は、こじんまりとした感じ。白い漆喰壁に、木製の什器はカントリー調なのかな。清潔感があっていいですね。

並んで待つ間に、ショーケースを見る。ノーマルの「はらドーナッツ(120円)」の他に、

はらドーナッツ2「サトウキビ(130円)」 「丹波黒豆きなこ(150円)」 「にんじん(150円)」 「コウチャ(130円)」 「オチャ(150円)」 「レモンティー(150円)」などが並んでいる。「お茶」は静岡店だけの限定ドーナッツだそうだ。

今日はノーマル2つ、コウチャ2つ、サトウキビ2つ、レモンティーを1つ購入。910円也。帰社時のお土産にする。私はノーマルを食べましたが、なるほど、母が作ってくれたドーナッツってこんな味だったよね…と感じさせてくれる味でした。

はらドーナッツ 静岡店
(静岡店限定ドーナッツ&イートインスペースあり)
住所:静岡県静岡市葵区常磐町2−4−5
電話:054−270−8653
営業:10時〜19時頃(ドーナッツが売り切れ次第終了)
| 「食べる」関係 | 14:26 | C(2) | T(0) |
ネタがでかすぎる寿司より、江戸前の小ぶりな寿司が好き!
酒造りのお話ばかりではなんですので、久しぶりに食べ物ネタもひとつ。

陣太鼓2ひと頃は、ネタの大きなお寿司屋さんにも行っていましたが、やはり、ネタが大きすぎると食べにくい。一口で食べるには大きすぎるし、二口で食べようとすると、シャリが崩れてしまう。やはり一口で食べられる、ほどよい大きさの江戸前寿司がいい感じである。陣太鼓さんは、ここ静岡で創業35年の老舗寿司屋。もちろん、江戸前の仕事。親方が言うには、シャリとネタのバランスが大事。飲み込んだ後に、ほんのり甘みが残るのがいい寿司。だそうだ。

陣太鼓1上は握り一人前で3,500円。お寿司屋さんでカウンターに座って好きなもの食べていると、正直、お勘定が怖い。でも一人前で握ってもらえば値段も分かっているし、怖くない(笑)。陣太鼓さんで、大体一人予算6千円くらい見ておけば大丈夫。
こちらは土井酒造場の開運が、「大吟醸 波瀬正吉(1,700円/杯)」を筆頭に一通り揃っている。でも、高いお酒ばかり呑んでると、予算オーバーなので注意です。お薦めは燗酒。ちゃんと湯煎で温めた燗酒は、一味も二味も違います。酒器も、唇にあてたときの感触まで考えた誂品。

老舗のお寿司屋さんですが、親方はとても優しいので、初めての方でも大丈夫。最初に、「一人予算6〜7千円位なんですが…」と伝えれば安心です。たまには良いお寿司屋さんで、のんびり熱燗を楽しむなんてのもいいですよ〜。本当にたま〜にですけどね(笑)

鮨処 陣太鼓
住所 静岡県静岡市葵区昭和町5-9
電話 054-253-3647
営業 17時〜翌1時30分
定休 日曜、祝日の月曜
| 「食べる」関係 | 11:12 | C(2) | T(0) |
昭和の匂いのするお店。次回、試さずばなるまい。
清見そば先日、駅南銀座を歩いていたら、「清見そば」という昭和の匂いのするお店を見つけた。昔、駅南銀座には「千疋屋」というトンカツ屋さんがあってよく利用したものだが、継ぐ人がいないとかで20年くらい前に閉店になってしまった。

さて、この「清見そば」さんをネットで検索してみると、けっこう有名なお店らしい。そば屋なのにラーメンが有名だとか。味に関しては賛否両論のようだが、古くから商売を続けられているという事だけをとってみても、随分と価値のあることだと思う。一度、ぜひ味わってみたい。

ただ、駅南銀座に行く機会があんまりない。「さいとう」へ“たいやき”をたまに買いに行くぐらい。さいとうのたいやきは、間違いなく静岡市一おいしいと思う。そういえば、あの一画も昭和の匂いが濃いなぁ〜。
| 「食べる」関係 | 10:04 | C(2) | T(0) |
クリームチーズのスコーン スコーンって美味しい!
スコーン手作りのクリームチーズのスコーンをいただきました♪ チーズの酸味と香りがとてもいい。外側はカリッとしていて、中はしっとり。レーズンの甘酸っぱさがアクセント。これは売り物になるなぁ。

これまでスコーンといえば、ケンタのスコーン(ビスケット?)くらいしか食べたことなかったけど、静岡の街でもスコーンって普通に売っているのだろうか。うーん、これまで気付かなかったなぁ。有名なお店とかあるのかな。これから気をつけて見るようにしよう。
| 「食べる」関係 | 20:29 | C(0) | T(0) |
魅惑のお夜食 一膳屋のカツ丼
一膳屋残業で遅くなると、無性にお腹が減るときがあります。特に肉体的にも疲れているときは、味の濃いものが食べたくなります。

そんな時は、夜10時まで開いている、鷹匠2丁目、北街道沿いの「ごはん処 一膳屋」に足が向いてしまいます。ここの親子丼(580円)&カツ丼(680円)は、味が濃い目でつゆだく。疲れた体に効きます。

「ああ、こんな時間に食べたら太ってしまう・・・」などと思いながら、カツ丼をかき込む。無性に美味しい。親子丼もきのこがたくさん入っていたりして、ちょっと変わっているが美味い。

そろそろ連夜の残業に突入しそうなので、また一膳屋さんに行く回数が増えそうです。
| 「食べる」関係 | 13:00 | C(0) | T(0) |
又一庵から「遠州夢街道」がいよいよ新発売! すごく美味しい!
遠州夢街道2磐田市見附の老舗和菓子屋の又一庵さんから、きんつばようかん「遠州夢街道」という新製品が明日、10月10日から発売となります。

随分以前、又一庵の鈴木社長から試作段階のものを特別に試食させていただいたのですが、すごく美味しかった。大酒のみであり、大の甘党でもある私は、思わず「これは美味しい!社長、もう一つください!」と言ってしまいました。もちろん、「ダメ!」と言われましたが・・・(笑)。

もう、その段階でかなり美味しかったのですが、社長としては、「まだまだ、もっと美味しくなります!」とおっしゃっていましたので、完成品を食べるのが本当に楽しみです。

遠州夢街道1きんつばようかん「遠州夢街道」は、北海道十勝産、富良野産の最高級小豆、手亡(白いんげん)、青えんどうを砂糖、和三盆で柔らかく炊いたもの。そして、寒天で形を整えています。

ほんのりとした甘さで、素材の味と香りが生きています。一口食べて、「ああ、素材そのものの味と匂いがする・・・」と感じました。左の写真は、社長が撮影された製品の断面ですが、じっくり丁寧に炊いていますので、素材のお豆の粒々がちゃんと残っています。この食感が、またいいんです。

又一庵さんは「きんつば」が名代の名物として有名ですが、この遠州夢街道も本当にお薦め。私も来週、見付の又一庵総本店まで買いに行く予定です。
| 「食べる」関係 | 17:40 | C(0) | T(0) |
栗きんとん「すや」 岐阜県中津川市
suya02名高い「すや」の栗きんとんをいただきました。販売期間は9月〜2月。まさにこの季節ならではの和菓子です。

「すや」の栗きんとんは、蒸した栗の中身をへらでつぶし、少量の砂糖で煮て茶巾絞りで形を整えただけの和菓子。単純であるが故に、ごまかしやけれんには無縁の素朴な味と香りです。

素材の味、香りを活かしながら、ちゃんとお菓子として成立している。そんな和菓子がとても好きです。

suya01すや本店
岐阜県中津川市新町2-40
フリーダイアル:0120-020780
電話:(0573)65-2078/66-2636  

ホームページ
http://www.suya-honke.co.jp/
| 「食べる」関係 | 12:47 | C(0) | T(0) |
ホリーホックお薦めメニュー! 場所は静岡市葵区紺屋町です。
友人のカズ君のお店、ホリーホックのお薦めメニューです。
なんだか美味しそうに撮れたので、ここで紹介します。
ホリーホックは、友人のお店だからいうわけではなく、料理が美味しい!
お値段もお手頃! そして、居心地がいいです。
静岡にお住まいの方、ぜひ、ホリーホックをご利用なさってみてください!

チリビーンズ
チリビーンズ・・・700円



【ドリンク】
キリン生ビール ジョッキ 580円

ミックスピザ
自家製ミックスピザ・・・980円



【ドリンク】
焼酎各種 600円
日本酒各種 600円
(開運、磯自慢、正雪から選べます)

キッシュ
季節野菜のキッシュ・・・750円



【ドリンク】
ワイン(グラス) 600円
ワイン(ボトル) 2800円〜

温泉卵サラダ
温泉玉子の特製サラダ・・・700円



【ドリンク】
カクテル各種
ソフトドリンク各種

HOLLYHOCKロゴRestaurant Bar HOLLYHOCK
静岡市葵区紺屋町13-6 鈴木ビル2F
TEL 054-274-0511


以前、店名の由来は知りません。と、書いてしまいましたが、ホリーホック(タチアオイ)は静岡市の花だったんですね。この間、歩道のレリーフを見て気づきました・・・。
| 「食べる」関係 | 23:31 | C(2) | T(0) |
Page: 2/3  << >>

Calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

Entry

Comment

Archives

Category

Link